「弁護プラン: 薬物事件・麻薬事件」について

被害者なき犯罪と呼ばれる事も多い薬物事犯は逮捕から拘留までに、本人の真摯な反省と更生に向けた考え方が判決に大きな影響が出てきます。唯一接見が許された弁護士が、罪状認否も含めて今後の方針を共に考え、公判で少しでも有利な判決を得るために尽力します。

お悩み別相談方法

弁護プラン一覧

よく読まれるキーワード