風俗盗撮トラブル即日解決事例!弁護士の粘り強い交渉があり,たった15万円で示談成立。

風俗トラブルの概要/盗撮がバレ,名前・住所・会社を知られる

今回の相談者は,大阪府茨木市に在住の方。
仕事場が京都府内にあり,仕事帰りに手コキ・オナクラ店に立ち寄った。
プレイ中にこっそりとスマホで動画撮影しており,バレることなくプレイ終了。ホッとしたのも束の間,部屋に店の男性従業員が入って来た。
どうやら盗撮がバレており,女の子がシャワー中に連絡をしたようである。

その男性従業員からこの場で80万円を支払うか,警察まで一緒に行くかを選べと言われる。相談者は,80万円もの現金を支払えないことから,警察に行くことを選択。

警察に行き,盗撮を認めることと今後店を利用しないという内容の誓約書を書かされ,名前,住所,勤めている会社を知られ,免許書のコピーまでも取られてしまった。その日は,それで帰宅することができたが,男性従業員からまた連絡する旨を伝えられる。

今後,請求が来るのではないか,会社や自宅へ連絡がされてしまうのではないかと非常に不安に感じた相談者は,当法律事務所にメールで相談。弊所弁護士は,素早い対応する必要があると感じ,来所を促したところ,不安な相談者は,すぐさま来所したいとのことだった。

関連記事逮捕されたらどうなる?逮捕後の流れを解説! 家族にできることは?弁護士に相談するべき?

 

弁護士の交渉方針・相談者の要望,とにかく会社に知られたくない!

有名な企業に勤めている相談者は,とにかく会社に連絡され,職場の人間に知られるのを何とか避けたかったようだ。確かに,風俗店で盗撮をして,トラブルを起こしたなど知られてしまっては,働き辛くなるだけでなく,何らかの処分を受けるおそれまで出て来る。

弊所弁護士は,すぐさま受任。

方針としては,盗撮したことは認めているので,そのことを真摯に謝罪する。そして,当初80万円を提示されているので,上限80万円で解決金を支払い,示談を成立させ,こちらが作成する合意書の中に,本人や家族,職場へ連絡をしないという接触禁止条項,本件に関する情報を口外やインターネット等で書き込まないという秘密の保持の条項を入れるということとなった。

関連記事風俗トラブルで示談する5つのメリットと示談書を作成すべき理由と示談書に書くべき条項

 

素早い対応,風俗店との交渉

弊所弁護士はすぐさま風俗店に電話をして,受任をしたこと,連絡は弊所にしていただくように伝えた。その上で,相談者は反省していること,相談者はお金がなく,何とか工面できた15万円で示談してくれないかと話を持ちかけた。店側は,当然,80万円でなければ示談をしないという姿勢。

しかし,弊所弁護士は,その後も粘り強く交渉を続け,最終的には,風俗店側が15万円で示談に応じることとなった
そして,合意書を作成,その日のうちに店の担当者,女の子と直接会い,合意書を取り交わし,示談が成立した。

即日解決!

本件は,弊所弁護士の粘り強い交渉があり,当初言われていた80万円から大きく減額された15万円で示談を成立させることができた。また,会社や自宅に連絡されて今回のトラブルがバレることもなかった

しかも,相談に来たその日中に示談が成立し,風俗トラブルを解決することができ,相談者の希望は叶えられ,無事平穏な生活に戻ることができた。

お悩み別相談方法

弁護プラン一覧

よく読まれるキーワード